誰でも“入れない”協会で、誰でも“入れない”運送会社を作ろう!

  • トラマネ運送塾

ごあいさつ

理事長からのごあいさつ

一般社団法人トラック・マネジメント 理事長 和田 康宏

運送会社経営独自の不安を一緒に解決していきましょう。

運送会社の社長の3つの大きな不安の解消。
当協会の目的はこれに尽きます。

「重大事故を起こしたらどうしよう」
「運輸局や労基署の監査、警察の捜査で行政処分や
刑事処分を受けたくない」
「ドライバー不足をなんとかしたい」

これら3つの大きな経営不安の解消。
なぜ私、和田がこの点にこだわるのか。

それは、経営者が“大きな不安を抱えたままでは
”自社を成長させることができないからです。

もっといえば、経営者が“大きな不安を抱えたままでは
”自社を成長させることができる、という“確信”がもてなくなるからです。

当協会の会員さんも最初は3つの経営不安を抱えた状態で入会された方がほとんどです。

当協会では、自社の弱みをしっかりと把握して、会員さん同士がお互いの成功例、失敗例を発表しあいます。

業界団体の集まりでは自社の悩みを打ち明けて切磋琢磨できる環境はほとんどない、との話を社長さんからよく聞きます。

現状抱えている3つの運送経営独自の不安をご一緒に解決していきましょう。

不安がなくなれば、新しい取り組みをやってみよう!という前向きな気持ちが必ず湧き上がってきます。

一緒に頑張っている同業の仲間がいれば尚更です。良きご縁となれば幸いです。

一般社団法人トラック・マネジメント 理事長 和田 康宏

一般社団法人トラック・マネジメント 理事長 和田 康宏

1971年愛知県生まれ。
19歳で行政書士試験に合格。
会計事務所勤務後、22歳で行政書士事務所開業。
あいち経営コンサルタント 代表取締役。
トラック運送業専門コンサルタントとして20年近くにわたり活躍している。

事故時の緊急監査対策、平時の危機管理対策、荷主に指名されるドライバーを育成する仕組み作りなど、運送会社300社超のコンサルティング実績を持つ。

2014年『誰でも“入れない”協会で、誰でも“入れない”運送会社を作ろう!』をミッションとして、一般社団法人トラック・マネジメント協会を設立し、理事長に就任。
一定の安全基準をクリアーできないと入会できない、という業界初の協会。
入会後も安全基準をキープできなければ強制退会させることで、会員のレベルを一定水準以上に保つ仕組みとなっている。
中小の経営者が「運送業をしてきてよかった!」と心底思える協会活動に心血を注いでいる。

“顧客100%が運送会社”の正真正銘の運送業専門コンサルタントである。

業界新聞「物流ウィークリー」の連載実績や現在は「ブツリュウアイ」及び日野自動車株式会社の月刊誌「ひので〜す」に連載執筆中。
テーマは「運送会社の社長力」「二代目経営者がしなければならない10のこと」
など運送業経営全般。

講演は北海道から九州まで全国で活躍中。特に札幌地区トラック協会主催の講演会で受講者数200名超となり同協会過去最多となった。講演依頼はトラック協会、中小企業大学校、デンソーセールス、矢崎エナジーシステム、三井住友海上火災保険、トラックディーラー他多数(敬称略)。

著書に業界初のマンガ読本「マンガでよむ荷主に指名される新トラック運送経営のヒント」、「マンガでよむトラック運送会社の危機管理(2015年3月刊行予定)」がある。アマゾンで好評発売中!

  • トラマネ塾
  • 活動レポート
  • トラックマネジメント協会〜本協会を設立した理由〜