誰でも“入れない”協会で、誰でも“入れない”運送会社を作ろう!

  • トラマネ運送塾

「運送業を経営していてよかった」

会員全員が、こう心底思えるようになること。これがわたしたちの使命です。

会社を良くしたいんだけど‥何から手をつけていいかわからない‥

運送会社経営者のあなたは、
こんなことで悩んでいませんか?

  • 重大事故を起こしたら
    どうしよう?!

    “事故ゼロ”にする絶対的な方法は現在のところありません。
    できるのは重大事故が起きて国土交通省の監査が入った時に“行政処分ゼロ”にすることです。
    これが運送会社としての必要最小限の使命です。

  • 労働基準監督署や警察の調査・
    捜査が入ったらどうしよう...

    “労働基準監督署”や“警察”は、国土交通省とは違った目線で調査・捜査を行います。
    あらかじめ「違った目線」を理解し、その対策を講じておくこと。
    後悔したくない運送経営者なら必須の取り組みです。

  • ドライバー不足
    ドライバーの流出

    “人手不足”は経営者の言い訳ナンバー1。この言葉を多用するようになったら経営者として下り坂です。
    中小運送会社でも人材が集まる会社は必ずあります。どのような経営者仲間とつきあっているかが肝!
    できる経営者はできる経営者と会っています。

大型トラック50台で月間売上6,000万円の損失(大型長距離便1台あたり月間売上120万円と仮定した場合)

でも皆さん、安心してください! これらの問題はなぜ解決していないのか.. それはズバリ「手順・方法が不明瞭だから」 この原因を解決しない限り、運送会社経営者の悩みは解決しません。

同じ悩みをもった仲間たちが当協会の活動を通じて、悩みの共有・解決をはかっています

トラック・マネジメント協会の活動

トラック・マネジメント協会は、悩みや課題を持たれている会社さまとそれらの解決方法を知っている会社さまとが集う場所。
それぞれの会社のステージに合わせた問題点・課題・お悩みを解決し合うために、以下の活動を行っています。

  • 活動その1経営者の不安・悩みを
    解消できる勉強会

    • 「守秘義務」を超える現場の生の声

      理事長の和田が運送業専門コンサルタントとして20年以上のコンサルティングを行ってきて気づいたこと。それは「守秘義務の壁」です。成功、成長している社長の成功談や失敗談。これほど刺激的な研修は他にありません。同じ志をもった経営者の集まりである当協会だからこそ可能になりました。

    • 最低限の危機管理を学べる!

      急所を守る。スポーツでも人体でも国家でも最も重要なことです。あんなに威勢がよかったのに一気に攻め込まれて敗戦。あんなに元気だったのに突然体調を崩し、余儀なく後退。やはり運送会社も、急所を守る最低限の危機管理は必須です。

  • 活動その2年一回の運送会社の
    健康診断を受けられる!

    • 人が健康診断を受けるように運送会社も健康診断を受ける必要があります。
      人の健康診断では高血圧や高血糖、高脂血症など大病になる前の前兆を把握することができます。把握することで具体的に治療することができます。
      運送会社も同じです。年1回、コンプライアンスの診断を受けることで、重大事故等で国土交通省や労働基準監督署、警察などの調査、捜査が入った時にどのような状況に追い込まれるのかがわかります。
      自社の現状把握ができることで、今後何をすべきかが明確になります。
      治療すべき内容と治療法を知ることができる。
      これが運送会社の年1回の健康診断です。

トラック・マネジメント協会の活動レポート

同業他社との圧倒的な差別化を図り、荷主から指名され、ドライバーからはこの運送会社に入りたいと言われる、理想的な企業づくり。本協会は、そのための仕組みづくりを会員同士で一緒に考え、作り上げていく研修会を開催していきます。

会員さまの声

トラック・マネジメント協会の会員さまからの声を一部ご紹介させていただきます。

  • 安全管理をしていれば大丈夫、と油断してしまいがちでした

    このくらいの安全管理をしていれば大丈夫、と自社内にいると知らず知らずに油断してしまいがちでした。しかし、トラマネ会議ではそんな油断を吹き飛ばすようなスゴい取り組みを行っている会員さんがいます。もっともっと会社を良くしよう!
    そう自分を鼓舞してくれる大切な同志の集まりです。

    株式会社第一名誠 専務取締役 瀬尾国大さま

  • 忌憚のない意見を言い合えるのは貴重

    業界団体や協同組合の会合に参加していますが、トラマネ協会の取り組みはとても刺激的です。会員同士がお互いの社内の現状をありのまま公開し、忌憚のない意見を言い合えるのは貴重です。同じ中小規模で真剣に安全管理に取組んでいる経営者と会い、話をすることで、もっと頑張っていこう、という気になってきます。

    協和陸運株式会社 代表取締役 桝田純通さま

  • 自らにムチを打ってでも改善をやり遂げる状況に追い込むことができる

    社内だけですと忙しいのを口実に安全管理が甘くなりがちです。トラマネ会議は指摘された内容を社内で改善し、その結果の報告を求められます。自らにムチを打ってでも改善をやり遂げる状況に追い込むことができ、経営者として成長できていると思います。

    株式会社ヤマコン 代表取締役 山田 亨さま

プロの運送会社として、安全管理・危機管理に対する責任

死亡事故を起こした際のプロとしての最低のマナー。
それは「安全管理に関してやれることをすべてやっていた」ということです。

被害者の命は戻ってきません。
であるならば、プロの運送会社としてできることは何か?

それが日頃の安全管理、危機管理です。
適切な点呼、安全教育、拘束時間や時間外労働時間の改善、健康管理ができていたかどうか、です。

当協会のある会員企業が死亡事故を起こし、国土交通省の監査を受けることになってしまったことがあります。

ところが、毎年、会員に対して実施しているトラマネ模擬監査で事前に問題点を指摘され、確実に改善していた結果“行政処分なし”の結果に終わりました。

当協会は「運送会社の最低のマナー」だと考えております。

自社だけでは安全管理を厳しく指摘し、改善できない、という弱点を当協会ではサポートしております。

当協会の会費について

当協会は、入会金は不要です。
ご入会後は、月額3万円(税別)です。

入会金0円
会費30,000円(税別)/月額

お支払方法は、口座引落とさせて頂きます。
ただし、入会後口座引落手続が完了するまでの間はお振込にてお願い申し上げます。
ステッカーや懇親会等の実費が必要な場合にはその都度会員様にお知らせいたします。

入会までの流れ

「未来」を変えるため、変わるのは「今」です

今後監査が厳しくなるのは予想されます。法令遵守は当たり前。
法令を上回る取り組みをすることで、若いドライバーが入ってくる運送会社に成長していく必要があります。
成長できるかどうかは誰と出会うかでほぼ決まります。
「もっと成長したい!運送会社をやってよかった!」
そう互いに思える仲間と一緒に運送会社を成長させていきましょう。

  • トラマネ塾
  • 活動レポート
  • トラックマネジメント協会〜本協会を設立した理由〜